Whatagraph 日本公式ブログ

レポーティング業務の工数をワンクリックでゼロに

最新記事

カテゴリータグ
マーケティングチーム
By
2021年09月15日

Facebook広告の効果がイマイチ? 改善すべき点はここにある!

Business man with the text Social Media in a concept image

Facebookは、売上拡大を目指す企業にとって、最も費用対効果の高いマーケティングチャンネルのひとつです。Facebook上での広告に適した戦略を知り得ることで、予算に関係なく、直ちに売上を伸ばすことができます。完璧な広告を作成することに成功した企業の具体的な事例と、Facebook上での広告の作成にあたっての改善点やアドバイスについてお話していきます。

 

目次

 

Facebook上での広告が効果を示さないのはなぜか

一般的に人々は広告についてどのような印象を抱いているのか

【広告の改善方法】人気なブランドを真似る

SNSのブランド認知の重要性

Facebook上での広告が効果を示さないのはなぜか?

ターゲットを見直す

まず、広告の作成過程を今一度確認してみましょう。

 

広告キャンペーンを作成する際には、詳細に設定することができるため、より理想的なペルソナにマッチする新規顧客をターゲットとして設定することができます。このターゲティングの方法は、すべてのマーケターに共通しています。

しかし、これらの顧客はあくまでも一度もやり取りを行ったことがない方々であり、実際にあなたのブランドに興味を持っている人をターゲットにしているわけではありません。現状抱えている顧客、Facebook上での広告をクリックした人、動画を見た人、ML(メーリングリスト)などを考えてみましょう。

実際に広告文などを考える際は、Facebookの利用者層に焦点を当ててみてはいかがでしょうか。

Facebook上での広告文に対する考察が足りていない

広告というと、大きな画像や映画のような高精細な動画を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ほとんどの場合これは間違ってはいないのですが、ここで忘れてはいけないのが、「どうすればいいのか」を伝えるメッセージです。良い広告のコピーライティングというのは、人々に正しい方向を示し、あなたのウェブサイトを訪れるように説得することができ、同時に興奮させる力と楽しませる力の両方を持つものです。

 

効果的な広告文が書けていなければ、クライアントのニーズに焦点をあてられていないということになります。顧客に、彼らが何をするべきなのが明確に伝わっていなければ、広告の効果は発揮されません。この問題に対処する方法については、後に詳しく説明します。

キャンペーンが適切に構成されていない

キャンペーンを適切に構成する方法を学ぶ多くの理由の1つとして、のちにシステムを最適化・調整する際により簡単に行えるようにするため、という理由が挙げられます。

 

マーケターがよくやってしまっている間違いは以下の通りです。

 

・一般的なキャンペーンの作りすぎ

・Facebookのアルゴリズムを信用せずにほかのアルゴリズムにあてはめようとしている

・良い広告作品の重要性を強調していない

・PPC広告主がFacebookの広告とGoogleの広告とで別々のキャンペーン構造を使うべきだという事実を見落としている

一般的に人々は広告についてどのような印象を抱いているのか

調査によると、マーケターは2022年までにソーシャルメディアへの支出が89%増加し、総予算の18.5%を占めるようになると予想されています。その一方、SNSユーザーの大半は、広告はどれもワンパターンのものが多く、無意味だと考えているようです。

 

その証拠として、

・4人に3人近くのSNSユーザーが、広告が多すぎると答えています。

・44%のユーザーは、広告が自分のニーズや欲求に関連しているとは思えないと答えています。

もっと広告の好感度をあげるには

さまざまな人種や性的思考の人が登場する広告を表示することからはじめましょう。最近ではインクルージョンやダイバーシティが重要視されてきています。56%が広告の多様性を重視している、というデータもあるほどです。

 

そして、Facebookのエンゲージメント広告について一通り学び、知識を生かして実践してみましょう。

 

また、ユーザーの体験度について考慮する必要があります。広告の頻度、関連性、多様性を高めましょう。そうすることで、広告のパフォーマンスだけでなく、ブランドの長期的な評価もあがる可能性が高くなります。

 

【広告の改善方法】人気なブランドを真似る

広告のエンゲージメント上昇

広告コピーの目的は、顧客が提供するものをクリックしたくなるような形にブランドを位置づけることです。マーケティング担当者の中には、魅力的な質問をすることでこれに成功している人もいます。例えば、「はい」か「いいえ」というシンプルな質問で、そのブランドに正直さや魅力的な印象をみせることができるため、比較的容易に顧客の興味を引くことができるようです。

 

下のAirbnbによるFacebook上での広告は、顧客がセカンドハウスを所有しているか、旅行を計画しているかという質問から入ります。続いて、使用していない間にその場所をを貸し出すことを提案してきます。広告では、質問をするというのは効果的な技術としてよく使われています。

 

このように広告に質問形式を取り入れることで、ターゲットとしている顧客の興味を引くことができます。彼らが心の中で「はい」と答えれば、広告コピーの残りの部分を読んでもらえる確率が非常に高くなります。

 

顧客の興味を引き、広告のエンゲージメント率を高めるためには、広告のコピー(画像)の中に質問を投げかけましょう。

ここで複雑な質問をしてはいけません。質問は簡潔、そして要点を抑えたものにしましょう。複雑な質問をしてしまうと、その広告コピーやCTAから意識をそらしてしまうかもしれません。

顧客の感情に訴えかける

イラストは、広告キャンペーンを可視化するために使用され、広告に芸術的な特徴とスタイルを加えます。つまり、写真では表現できないアイデアを表すことができます。広告の目的は顧客を企業にひきつけることですから、顧客の注意を引くことが重要です。

 

イラストレーションにおいて最も重要な特徴として、顧客の感情に訴えかけることがあげられます。

 

Spotifyは長年にわたり、広告にカラフルなイラストを使用してきました。この分野のパイオニアともいえるでしょう。CPAを重視していなくても、人の目に訴えかけるようなキャッチーなメッセージを用いることで、顧客にブランドを認知してもらうことができるのです。

 

Spotifyは通常、Spotifyの製品を使用することがどのようなものかをイメージできるようなストーリーを、イラストで表現しています。

イラストを用いて顧客の注意を惹き、製品を使うとどのような感じになるのかをイメージしてもらいましょう。

広告の見出しの重要性

良い広告の見出しとは、お店のディスプレイにあるような人目を引くものに似ています。一目見て気に入り、自分がその商品やサービスを持っていたり、使っていたりすることを想像するのです。人はまず画像を見る者の、実際に書いてあるコピーが、顧客が次に何をするべきかを伝えるため、PPC広告はキャンペーン全体の成功に大きな影響をもたらします。

 

突然ですが、キャッチーな見出しを40字で考えてみてください。購入時に顧客を混乱させないことに集中すべきです。Allbirdsを例として挙げましょう。彼らはすべての広告で、送料無料、返品無料、シンプルな返品ポリシーを宣伝しています。他社との違いを顧客にわかりやすく伝えることに成功しているといえます。

 

スクロールしていた手を止めるような、顧客にとってお得な情報を提供することによって、他社との差別化を図りましょう。

何を伝えるのかを明確にする

次回Facebookに載せる広告を作成するときには、シンプルさ、魅力的なデザイン、そしてしてその製品を使うメリットをわかりやすいストーリーで説明することを重視してみるのはどうでしょうか。

 

CoScheduleは、プロジェクト管理ソフトウェアです。彼らの広告は、シンプルなグラフィックに焦点を当て、彼らの製品を使用するメリットを明確に述べ、顧客を次のステップに導く”Call-to-Action”を盛り込んだ、とても良い例です。

 

ダイレクトなメッセージをシンプルなグラフィックによって、広告のメッセージは、ブランドがなにを伝えたいのか、何を売っているのかという2つのシンプルな事実にまとめられています。

セールの有効性

有名ブランドとしてお馴染みのNikeは、CoScheduleと同じように、シンプルさに重点を置いています。これの何が興味深いかというと、Nikeのような大手ブランドが割引を提供することで割引を提供することで他のブランドと同じことをしているのです。

 

下のFacebookの広告では、50%オフのセールを行っていることを明確伝えたかったため、デザインは一切使用しませんでした。誰もが知っているNikeだからこそ、デザインを使わなかったともいえますし、割引を好む人が多いからこそ、明確な広告を出して収益を上げたかったとも言えます。

 

広告を作成する際に、とりあえずは収益やブランドの認知度、販売力を高めたいのであれば、まずは割引から始めるのが良いでしょう。割引で得られるものが自分にとって有益なものであれば、セールを行っていない時でもまた戻ってきて商品を購入してくれるでしょう。

 

広告作成を試す際には、新しい顧客を惹きつけ、そのサービスや製品に価値があり、お金を払う価値があり、お金を払う価値があることを示すために「割引」と記載した広告を出してみましょう。

顧客はブランドに投資する

顧客が商品を選ぶ、もっと正確にいえば、自分を幸せにしてくれるブランドに投資するのです。例えば、ユーモアのある広告は、商品に親近感をあたえます。ユーザーが製品を使った後にどう感じるかに焦点を当てて、どんな体験をするのかをイメージさせることで、新規顧客を獲得し、既存顧客を維持できる可能性が高くなります。

 

Slackは、ビジュアル的に美しいコンテンツを作成する企業です。今回の広告では、自社のサービスを使うことで、仕事がもっと楽に、もっと楽しくなることを謳っています。Slackは、ビジュアル的な体験を通して、彼らと一緒にいること、働くことの幸せを描いています。

 

見ているだけで楽しくなるような広告は、エンゲージメントや売上、クリック率の向上につながります。CTRを高める方法がわからない方は、こちらで詳しく学び、Facebook上でのマーケティング戦略を改善しましょう。

 

上の広告は、業務に特化したコミュニケーションツールを、ソーシャルメディアの環境下でどのようにアピールするかを示しています。どんなに実用的な製品であっても、「楽しさ」を演出することは可能なので、イメージを膨らませることに励んでみましょう。それが集客率の向上につながるのです。

SNSでのブランド認知の重要性

消費者のSNSの利用が拡大し、広告が購買行動に影響を与えるようになったことで、マーケターのSNS上に表示する広告への熱意は高まってきています。広告が、消費者が必要なものをみつける手助けをする貴重なリソースと思われていても、あるいは煩わらしいものと思われていたとしても、広告はこれから先も残り続けるものなのです。

Powtoon_banner

 

Sisense_banner

 

monday_300x250-300x250

 

BUY On HUBSPOT