Whatagraph 日本公式ブログ

レポーティング業務の工数をワンクリックでゼロに

最新記事

カテゴリータグ
マーケティングチーム
By
2021年09月27日

Web広告で最も人気の高いオンラインチャネル10選

Smartphone with finance and market icons and symbols concept

「新規事業を始めたけど、どのチャネルで宣伝すれば良いのだろう?」とお悩みの方に向けて、Web広告で最も人気の高いオンラインチャネル10選と、マーケティングキャンペーンを成功させるための各チャネルへのアプローチ方法についてご紹介します。

マーケティングにおいて、ブランドの認知度を高め、確実な顧客基盤を構築することは、新規事業にとってもっとも難しい課題の1つかもしれません。その課題は、広告を導入することで簡単にビジネスにおけるプレゼンスをより高め解決できます。

 

目次

  1. ソーシャルメディアマーケティングの種類
  2. 動画マーケティングの種類と手法
  3. 検索エンジン最適化をする
  4. ユーザーの見たいものをコンテンツに、コンテンツマーケティング
  5. メールマーケティングの手法と成功させる鍵
  6. 賢く選ぶPPC広告(クリック広告)
  7. 成功報酬型広告、アフィリエイトマーケティングとは
  8. 影響力を利用するインフルエンサーマーケティングとは
  9. コンテンツの拡大!?ポッドキャストマーケティング
  10. 多くのユーザーに対応するモバイルマーケティング(Mobile Marketing)
  11. まとめ

 

Whatagraph_Blog_banner1

1.ソーシャルメディアマーケティングの種類

現代の企業にとって、ソーシャルメディアを利用していない企業はどれほどあるでしょうか?ソーシャルメディアが企業の"発展と利益"に貢献することを考えれば、ソーシャルメディアを避けて通ることはできません。どのような業種であっても、メインでソーシャルメディアを運用する時代になってきています。まだソーシャルメディアに手を出していない企業様は各ソーシャルメディアの特徴を解説していきますのでぜひご検討ください。

ーFacebook(フェイスブック)

Facebookはソーシャルメディアのベテランであり、ビジネスを宣伝する上で最も収益性の高いプラットフォームの1つです。Facebookのコールトゥアクションボタンを使えば、facebook上のフォロワーが連携したWebサイトに登録したり、買い物をする、ビデオを見るなどの行動アクションに繋がります。


他には、飲食店にもメリットがあり、このボタンにオンライン注文システムへのリンクを追加するだけでユーザーはあなたのFacebookページから席の予約や料理を注文できるようになります。スタッフの工数削減にも繋げることができますね。

 

ーTwitter(ツイッター)

Twitterはユーザーの興味関心や趣味に対応するための優れたプラットフォームです。数多くの人たちが、個人や企業問わず質問やフィードバック、問題点などをツイートしている場所になっています。企業アカウントを作成しそのTwitterプロフィールを見た人たちに向け情報を発信できる場所でもあります。

不特定多数の人に向けて発信ができるため、ユーザーからは様々な質問やフィードバックなどが寄せられるかと思います。そして丁寧に対応することでユーザーを大切にしていることも伝えることができます。

ーInstagram(インスタグラム)

Instagramは、商品写真で魅せることができるため顧客獲得に繋がる最適な場所です。また、価格を表示したり、InstagramからWebサイトにリダイレクトすることで、日常のオンライン環境がショッピングの導線として機能し、ユーザーのショッピング体験を効率化することができます。

 

ーPinterest(ピンタレスト)

Pinterestは、商品の写真やwebサイトへのリンクを共有できる、画像ベースのソーシャルメディアです。さらに、業界のヒントや秘密を共有するインスピレーションボードを作成することで、より多くの流通とフォロワーを獲得できます。

 

ーSnapchat(スナップチャット)

Snapchatを使えば、ユーザーとより深い関係を築くことができます。個人に合わせたプライベートなスナップを送ることで、顧客は特別会員になったように感じることができます。

 

ーTikTok(ティックトック)

TikTokは今チェックしておいたほうが良い、新規ソーシャルメディアになっています。ビジネスアカウントもアカウントの中にはあり、発信したいサービスに関係する動画を作成し、ユニークなハッシュタグを使って、ユーザーが簡単にサービスを見つけられるようにして認知度を高めるために利用します。

 

 

2.動画マーケティングの種類と手法

ー動画マーケティングとは?

動画を用いておこなうマーケティング施策を動画マーケティングといいます。その他のマーケティング施策を同様に目的やターゲットに応じて、動画を制作します。利用する媒体や活用手法、KPIなどを定めて、結果を見て効果検証をおこない改善に繋げていきます。

ー動画マーケティングの投稿をしてみる

最近では、動画コンテンツを好む人が増えています。例えば、TikTokのような動画ベースのプラットフォームの人気を見ても明らかです。そして、まだTikTokを試していないのであれば、ぜひ試してみてください。まずは、TikTokやInstagramのストーリーに短い動画を投稿します。その動画が好評であれば、次の段階として長いInstagramリールを投稿してみましょう。

ー何を投稿したらいい?お困りのあなたへ

会社での日常や舞台裏、これから発売される新製品の紹介など。自社に所属する社員の専門知識を動画で紹介してもらえないか聞いてみたり、自分自身がビジネスの歴史について語る様子を撮影してみるなど、動画のネタは日常に転がっています。

ー動画を投稿したら次のステップへ

さらに、動画マーケティングの次のステップは、自社のYouTubeチャンネルを作成し、そこに長編動画を投稿します。「いきなり長編動画は重たいな…」と思われるかもしれませんが、心配はいりません。最近では、専門知識が無くてもYouTube動画を作成できるツールやプログラムがたくさんあります。例えば、YouTubeのアウトロメーカーを使えば、視聴者にインパクトを与えることができます。

 

Whatagraph_Blog_banner1

3.検索エンジンの最適化をする

ーGoogleの検索エンジンの仕組みとは

Googleは様々なソースから情報を取得しています。
例えば、Webページや書籍のスキャン、Googleマイビジネスやマップ上でユーザーが送信するコンテンツなどその他様々なソースから取得しています。

ー検索エンジンを最適化すると何がいいの?

検索エンジン最適化(SEO)は、正しくおこなえば、Googleで検索をした際の1ページ目に表示させることができる確実な方法です。Webサイトやその他のオンラインチャネルにコンテンツを作成する場合は、検索エンジン用に最適化をする必要があります。この戦略により、ユーザーの訪問者数が増え、検索時にトップに表示することが可能となっていきます。

ー検索エンジンを最適化するとできること

レストラン業界ではレストランをGoogleの1ページ目に表示させるために、料理や場所に関連したレストランキーワードを特定して使用しなければなりません。

東京の銀座にあるイタリアンレストランの場合、次のようなキーワードをターゲットにすることを検討するといいでしょう。


・銀座のイタリアンレストラン

・東京都銀座のイタリアンレストラン

・銀座 東京のイタリアンレストラン

・東京 / 銀座 / 銀座 東京都のイタリアン料理

・銀座 / 銀座の人気ピザ 東京都 / 銀座 中央区

・銀座 / 銀座の人気パスタ 東京都 / 銀座 中央区

4.ユーザーの見たいものをコンテンツに、コンテンツマーケティング

Webサイトのコンテンツといえば、文章によるブログ記事から動画や情報に視覚的表現の要素を盛り込んだ図や表など、複数種類のコンテンツを発信するようにしましょう。Webサイトのコンテンツでは、情報的な側面のお知らせやリリースと価値のある側面のヒントや秘訣が一緒に入っていなければなりません。

ーコンテンツマーケティングとは

ユーザーが見たいと思うコンテンツを公開することで、より多くの人たちをWebサイトに呼び込み、サービスに関心をもってもらうための完璧な方法です。何か新しいものをリリースしたら、より多くの人に見てもらうために、コンテンツを公開します。その際はソーシャルメディアのシェアボタンも忘れずにつけてください。ソーシャルメディアのチャンネルで宣伝することも必要です。ぜひ身近な人に協力を仰ぎコンテンツをシェアしてもらいましょう。そうすることで、広告を利用せず自然流入が増え、見込み顧客を獲得する動きにも繋がります。

ーどんなコンテンツがおすすめ?

ターゲット層に向けた記事のリリースをおすすめします。具体的には、認知させたい製品やサービスで課題解決できる記事です。そして記事の最後には、課題を解決する方法として製品やサービスの紹介を差し込んでいきます。ただし、記事を書く最大の目的は、適切で質の高い情報を人々に提供することであるため、あくまでも製品の宣伝は「おまけ」と考えておきましょう。

Whatagraph_Blog_banner1

5.メールマーケティングの手法と成功させる鍵

ソーシャルメディアがネットの世界を占めているとはいえ、Eメールマーケティングは引き続き、情報を提供するために安定した貴重なチャネルです。顧客のメール受信箱に定期的にニュースレターを送ることで、コンバージョン率やブランド認知度を高めることができます。ニュースレターが与える会員への帰属意識は、顧客との長期的な関係を築き、育てるのに役立ちます。

ーメールマーケティングとは?

メール配信を通じて顧客とコミュニケーションを取ることができ、営業活動をしやすくするためにおこなうマーケティング施策の1つです。SNSがコミュニケーションツールとして盛んになっている中でメールの利用者は未だに多く、特にBtoB業界で有効なマーケティングとして使われています。

ーメールマーケティングを成功させるには

メールマーケティングを成功させる鍵は、パーソナライゼーションです。件名や顧客のファーストネーム、具体的な情報の使用まですべてが特別感の演出に繋がります。件名には緊急性をもたせ、特別な取引やオファーの期限が切れる前に行動に促す必要があります。顧客の情報が十分に集まっていれば、誕生日にプレゼントや特別なオファーを送るなど、パーソナライズを次の段階に進められます。

6.賢く選ぶPPC広告(クリック広告)

SEOだけでは物足りない、何か新しいことをやってみたいという方には、クリック課金型の広告がお勧めです。

ーPPC広告とは?

PPC広告(ペイ・パー・クリック広告)とはクリック広告のことをいいます。クリック広告は表示されただけでは広告費は発生しません。表示された広告をユーザーがクリックすることで広告費が発生します。検索エンジン最適化によるオーガニックなトラフィックだけでなく、Google検索の上位に自社サイトを表示させるペイドトラフィック(クリック広告出の流入)も導入します。

ーPPC広告の効果とは?

PPC広告の結果、広告としてマークされ、オーガニック検索結果の上に配置されるようになります。そしてユーザーがPPC広告をクリックしたときにのみ、課金されるというのが良い点です。PPC広告のメリットは明らかです。ブランドの認知度や露出度が高まります。ただし、宣伝したいページを賢く選ぶようにしましょう。コンバージョンを高めるためには、ニュースレターに登録したり、キャンペーンを利用したり、製品を購入したりできるようなランディングページを用意しましょう。

Whatagraph_Blog_banner1

7.成功報酬型広告、アフィリエイトマーケティングとは

アフィリエイトマーケティングは、他の方法ではアクセスできない多くの人々にアプローチするのに最適です。商品やサービスを販売したり、宣伝することに興味のあるアフィリエイター(広告掲載者)に連絡を取り、アフィリエイターが何かを売るたびに何%かの手数料をいただく方法を検討してみてください。これは、ユニークなコードやリンクを提供する企業によく見られます。マーケターはそのリンクを使い、ソーシャルメディアや自分のWebサイト、ブログなどで製品を宣伝します。

ー2種類に大別されているアフィリエイト広告の形態

アフィリエイトの広告形態は2種類に大別されています。

1つ目は、広告提供者がアフィリエイトプログラムを提供する広告企業であるアフィリエイトサービスプロバイダに依頼して広告を出すケース。

2つ目は、eコマースやサイバーモールなどインターネット上で商品やサービスを提供する企業または、それら電子商店のシステムを提供している企業そのものが設置するケースです。

これらは、広告掲載者を特定できる識別子とURLの中に埋め込まれており、リンクをクリックすると識別子が広告企業に送信され記録されます。こうしてリンクをクリックして実際に売上が出た場合にアフィリエイターに成果報酬が支払われます。

8.影響力を利用するインフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングは、アフィリエイトマーケティングに似ていますが、より広い意味で、ブランドにとってますます人気が高まっています。アフィリエイターが報酬を得て仕事をしているとすれば、インフルエンサーは協力したいブランドや企業と様々な取引をすることができます。

ーそもそもインフルエンサーとは?

インフルエンサーとは、世間に与える影響力が大きい行動をおこなう人物のことをいいます。影響力が大きい人物、例えば有名人やタレントといった知名度があって多数のフォロワー数を持つ人たちが発信する情報を、企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティング(SNSマーケティング)と呼んでいます。

ーインフルエンサーを起用する得られる効果

例えば、レストランのオーナーが、自分の地域のフードインフルエンサーに連絡を取り、自分のレストランの最新メニューを試食してもらうよう提案します。その様子をソーシャルメディアに投稿することで、インフルエンサーのファンつまりフォロワーが、その情報を二次的に拡散します。それにより口コミの宣伝効果を高められることできます。つまり、インフルエンサーマーケティングを利用することで、エンドユーザーの認知を拡大することができるのです。

Whatagraph_Blog_banner1

9.コンテンツの拡大!?ポッドキャストマーケティング

あなた自身もポッドキャストを少なくとも1つは聴いているでしょうし、あなたの顧客もそうでしょう。そのため、この新しいメディアは、ビジネスのプロモーションに最適です。

ーポッドキャストとは?

ポッドキャストは、インターネット上で音声配信ができる仕組みのことをいいます。リスナーであるユーザーと気軽に話ができる素晴らしい環境を提供してくれます。例えば、業界で話題になっていることを話したり、自分の専門知識を披露したり、その分野の専門家にインタビューしたりすることができます。よりインタラクティブな体験をするために、リスナーが質問を音声クリップで送ってくるようにして、エピソードごとに最低1つは回答するようにしましょう。

ーポッドキャストを便利に聴くことができる代表的なアプリ

・Apple Podcasts(iPhone)

・Google Podcasts(アンドロイド)

・Amazon MusicPodcasts

・Spotify(スポティファイ)

・himalaya(ヒマラヤ)

などに様々なポッドキャスト番組が配信されています。無料で聴きたいポッドキャスト番組を検索し聴くことができます。

10.多くのユーザーに対応するモバイルマーケティング(Mobile Marketing)

最近では、インターネットの閲覧やお気に入りの商品の注文など、あらゆることにモバイル機器を利用する人が増えています。つまり、より多くのユーザーに対応するためにはWebサイトをモバイルデバイス用に最適化する必要があるということです。

ーモバイルマーケティングとは

スマートフォンやタブレットなどのデバイスで、Webサイトや子メール、SMSやMMS、ソーシャルメディアやモバイルアプリケーション等を介して特定のオーディエンスにリーチすることに焦点を当てたマルチチャネルオンラインマーケティング手法のことをいいます。 

ーWebサイトをモバイルデバイス用に最適化する

モバイルマーケティングは、商品やサービス、予約のリマインダーやアイデアを宣伝する時間と場所に敏感なパーソナライズされた情報を顧客に提供できます。例えば、料理の注文に特化したレストランのWebサイトを構築したい場合は、レスポンシブWebサイトデザイン(どんな大きさの画面でも見やすく、使いやすいWebサイトにするために必要)を提供するWebサイトビルダー(ブラウザで動くHP作成用のツール)を見つける必要があります。

 

Googleはモバイルファーストインデックスポリシーを採用しており、モバイルサイトを優先的にランクづけしています。また、モバイルマーケティングを好むのはGoogleだけではなくユーザーも同じです。Webサイトでも自社アプリでも、モバイルショッピングでユーザーの注文体験を効率化することができます。

まとめ

最近のビジネスオーナーは、自社のビジネスを宣伝したり、製品を販売したりするためのさまざまなオンラインチャネルを持っています。ターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンでエンゲージメントを高め、売上を伸ばすために、上記のチャネルを活用してみてはいかがでしょうか。

 

※本記事は「10 Best Online Channels to Advertise Your Business」を翻訳・加筆修正したものです。

 

Whatagraph_Blog_banner1

Whatagraphを活用するとクライアントのマネタイズポイントやインサイトをスピーディーかつ最新の情報を提供可能

 

プレミアムサービスとしてブランド化されたレポートを提供することで、既存顧客の継続率向上にも寄与できることになります。

 

Whatagraphはカスタムブランディング機能も搭載されています。

詳細はこちら

 

・クライアントの会社のロゴや配色-

・パフォーマンスレポートであなたが特別な努力をしたことを示す。

・ブランディングされたEメールテンプレート

・ 短いパフォーマンスサマリーの加筆

・ロゴや色の変更

・カスタムドメイン機能でWebレポートのURLを、企業名に置換可能

 

これらによりパーソナライズされたレポートを納品することができるため、

クライアントはデータに基づいたより良い意思決定をおこなうことができます。

 

時間のかかるデータ抽出、複雑なエクセルシートや計算式、わかりにくいビジュアライゼーションはもう必要ありません。

 

7日間の無料トライアルを提供しています。

 

■無料版のアカウント開設

■資料をダウンロードしたい

■料金体系を確認したい

■デモンストレーションを見てみたい

 

以上を含むお問合せ先はこちらです。お気軽にお問い合わせください。

 

■Whatagraph公式サイト

https://whatagraph.gaprise.jp

 

■お問合せフォーム

https://whatagraph.gaprise.jp/contact

 

■WhatagraphについてのFAQ

https://whatagraph.gaprise.jp/faq

Powtoon_banner

 

Sisense_banner

 

monday_300x250-300x250

 

BUY On HUBSPOT