Whatagraph 日本公式ブログ

レポーティング業務の工数をワンクリックでゼロに

最新記事

カテゴリータグ
マーケティングチーム
By
2021年09月16日

テストマーケティングがビジネスに与えるインパクトとは?

テストマーケティングは、ビジネスを成功させるために不可欠な要素となっています。オラクル社によると、消費者の集中力が持続するのは平均8秒で、今後数年間でさらに短くなると予測されています。最近のマーケティング担当者の最大の悩みの一つは、いかにして人目を引く魅力的なものを作るかということです。

目次

  1. テストマーケティングとは?
  2. テストマーケティングの種類
  3. テストマーケティングのメリット
  4. テストマーケティングのデメリット
  5. 結論

 

アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾス氏は、「ビジネスの成功には商品の購入をする顧客に目を向けることが鍵となる」と述べています。そして、新しい商品やサービスを市場に投入する際には、テストマーケティングによって、ポジティブなフィードバックとネガティブなフィードバックを得ることができ、初動での失敗のリスクを最小限に抑えることができます。

 

テストマーケティングとは?

テストマーケティングとは、企業が新商品や新サービス、マーケティングキャンペーンを大規模に展開する前に、その活性度を確認するための戦略と定義されています。この戦略は、消費者のニーズを把握し、その企業の商品が需要を満たしているかどうかを判断するために、世界中の企業で広く利用されています。

 

実際のテストは、実店舗、オンラインストア、SNSなど、市場を選択して実施します。ほとんどの場合、商品やサービスに対する偏りのないフィードバックを集めるために、お客様に参加を知られないように実施されます。

 

市場からのフィードバックを収集した後、データを分析し、データに裏付けられた知見を商品、サービス、マーケティング戦略の改善に役立てます。データの収集、集計、分析には、データ処理を自動化し、結果を分かりやすくビジュアル化して報告するレポーティングツールがよく使われます。Whatagraphを利用すれば、収集したデータをノーコードでレポーティングすることができます。

テストマーケティングの種類

テストマーケティングには、消費財のテストマーケティング、産業用商品のテスト、マーケティング効果のテストの3種類があります。この3つのタイプは、最も正確なフィードバックデータを収集するために、対象者が異なるテスト市場で使用されます。

消費財テストマーケティング

 消費者が直接使用するすべての商品が対象。テストは、商品に対する消費者の行動を知るために行われます。企業は、顧客がトライアル → リピート → 定着 → 購入というテストフロー全体を経験することを目的とします。そのフィードバックを得るために、消費財テストマーケティングには以下の4つのタイプが用いられます。

セールスウェーブリサーチ

このタイプのテストマーケティングは、新商品が売れる可能性を判断するために行われます。商品のサンプルを無料で配布して、消費者の商品に対するポジティブな反応を分析します。その好例が香水のサンプルです。既存の顧客が商品を購入した場合に、サンプル品を渡します。

模擬市場テスト

お客様の選択の好みを調べるために用いられます。例として、選ばれたグループの人たちを店に招待し、特定の商品カテゴリーの限定割引を行います。新商品は古い競合商品と一緒に置かれ、代替品と一緒に提供されたときに新商品が手に取られたかどうかを知るために、お客様を注意深く観察します。

 

店頭テストの後、テストした商品をグループに配布し、フィードバックを収集します。市場テストは、テストグループを選ばずに実施することもできます。小売店は、商品を代替品と一緒に置いて、販売率をモニターします。

統制市場テスト

チェーン店が新商品の発売時に行われることが多いテスト方法です。ブランドの新商品は、潜在的な顧客を惹きつけるために、テスト用のプレゼンテーションやセールストーク、広告バナーなどで紹介されます。統制市場テストは、商品が無料で配布されないため、模擬市場テストとは異なります。統制市場テストでは、ブランドは商品を無料で配布せずに宣伝することができ、テストにかかるコストを削減すると同時に、商品の売上を伸ばすことができます。

テストマーケット

通常、テストマーケティングを実施するブランドはすべて、潜在的な顧客の人口統計学的および地理的特徴を知っています。テストマーケットとは、小規模な商品の発売に使用される、特に選ばれた地域やセグメントの顧客の集合体のことです。テストマーケットで収集されたフィードバックは、後に分析され、商品の改善のために企業内で使用されます。

産業用商品は、通常、メーカーや上級ユーザーによって使用されます。企業が商品やサービスに関するフィードバックを収集するのに役立つテストには、2つのタイプがあります。

アルファテスト

 商品に関する初期の感想を集めるための費用対効果の高い方法です。メーカーは、テスト用の試作品を社内に配布し、社員からのフィードバックを求めます。

 

有名なテクノロジー企業の多くは、ベータテストを行う前にアルファテストを行っています。アップルやサムスンなどの企業では、最新の商品やソフトウェアを社員がテストすることで、社内のフィードバックを集め、一回目のリリース日の前に改善することができます。

ベータテスト 

会社の外で実際の顧客を対象に行われます。ベータテストは、潜在的な商品のユーザーが集まるイベントや展示会で行われることが多く、これにより、企業は商品やサービスに対する考えを最小限のコストで収集することができます。

マーケティング効果測定

これは、A/Bテストとも呼ばれ、デジタルマーケティングにおいて、特定のマーケティング活動の効果を判断するためによく用いられます。マーケティング担当者は、Google AdsやFacebook Adsなどの広告ツールで、CTAやビジュアル、対象ユーザーなどを変えて同様のキャンペーンを行い、どの広告が最も効果的で、価値をもたらすかを確認します。A/Bテストでは、消費者が直接参加することはなく、1つの広告にしか接触しません。クリック率、エンゲージメント率、購入率などのテストデータを収集することで、フィードバック分析を行うことができます。

テストマーケティングのメリット

商品やサービスのテストには、初期投資が必要です。収集されたデータによりビジネスは改善され、競争で優位に立つことができるます。ここでは、テストマーケティングを実施することで企業が得られる主なメリットをご紹介します。

 

  • テストマーケティングを行うことで、商品が現実のマーケティング環境でどのように機能するか、実際の動きを観測することができます。多くのことは予測や予想ができません。しかし、テストマーケティングでは、現実の環境で実際にテストを行うことで、潜在的な問題を浮き彫りにすることができます。

  • ブランド側は、その商品が市場でどれだけ受け入れられるかを把握することができます。テストマーケティングを行うことで、より広い市場を正確に予測し、より現実的な広告予算を組み、必要な改善を行うことができます。

  • 最も効果的なマーケティングチャネルを決定するために、小規模なテストを行うことでターゲットとなる顧客がどのようなマーケティングチャネルを利用しているのかを把握することができ、商品発売時にリソースやマーケティング活動をより効果的に設定することができます。

  • 商品発売時に最適な販売チャネルを特定し、データに裏付けられた販売戦略を構築します。

  • 試行錯誤の結果、商品やサービスの弱点が露呈したとしても、それはマイナスではありません。商品やサービスを改善するチャンスです。

  • 最後に、商品やサービスが最初の発売時に失敗するかどうかを事前に推測することができます。例えば、テストグループからの評判が悪かったり、興味を持ってもらえなかったりと、テストで失敗した商品は市場でも同じように受け取られる可能性が高いです。時には、洗練されるまでに時間が必要であったり、商品が単純に競合他社の代替品に対抗できるほどの力を持っていないこともあります。

テストマーケティングのデメリット

テストマーケティングは、商品を公に発表する前に市場への影響がどの程度あるかを確認する最も正確な方法の一つですが、いくつかの大きなデメリットを考慮する必要があります。

 

  • コスト

     テストは大規模なプロジェクトであり、同時にビジネスや商品のさまざまな側面を測定することになります。これには専用の予算が必要ですが、全ての企業が潤沢に持っているわけではありません。

  • 時間

     キャンペーンを設定し、フィードバックを得るために実行するには時間がかかります。

  • 誤解の恐れ

    結果を収集した後でも、偏りがあったり、不正確であったりすることがあります。テストグループが小さすぎたり狭すぎたりすると、ビジネスの現場を無視した一面的な市場の見方になってしまいます。

結論

マーケティングテストを行うことで、商品やサービスが市場で受け入れられるかどうかを確認し、ブランドが直面する可能性のあるリスクを回避することができます。テストの方法は、ビジネス戦略の中で多くの方法を実施することができます。しかし、最も重要なのは、収集したフィードバックから得られる知見です。


適切なレポーティングツールを使用することで、企業はデータに裏付けられた意思決定を容易に行うことができ、日常的なデータ収集と可視化の作業にかかる時間を短縮することができます。レポーティングツールは、テストによって得られたデータをマーケターに分かりやすいビジュアルレポートで提供し、どのようなマーケティング活動が最も効果的かを判断することに役立ちます。テスト結果を意味があるものにするためにも、是非Whatagraphをご検討下さい。

 
Powtoon_banner

 

Sisense_banner

 

monday_300x250-300x250

 

BUY On HUBSPOT