Whatagraph 日本公式ブログ

レポーティング業務の工数をワンクリックでゼロに

最新記事

カテゴリータグ
マーケティングチーム
By
2021年09月15日

デジタルマーケティング分析における6つのベスト・プラクティス

businessman hand working with modern technology and digital layer effect as business strategy concept

デジタルマーケティングを最大限に活用し、クライアントを満足させるにはどうしたらよいのか?マーケティング担当者が長きに渡って考え続けてきたこの問に、デジタルマーケティング分析が答えを出します。

目次


デジタル戦略でクライアントを満足させるには?
最後に


創業間もない代理店でも、長い歴史を持つ巨大な広告会社でも、共通していることがたくさんあります。その一つが、マーケティング分析の必要性です。
クライアントを満足させるためには、下す決断の一つひとつがデータに裏付けられていなければなりません。マーケティング分野での経験やそれによるトレンド把握は、良い判断材料になります。

代理店にとって、クライアントからの評価は常に気になるものですが、その仕事に不満を持っているクライアントは見かけほど多くありません。Googleと4A's(米国広告代理店協会)が行った調査によると、クライアント企業が代理店との仕事に満足していることのトップ4は以下の通りです。

1.イノベーション - 75%
2.技術やメディアとのパートナーシップ - 74%
3.デジタル戦略 - 72%
4.キャンペーンの実行 - 70%

結論として、クライアントの満足度を高めるためには、戦略、パートナーシップ、キャンペーンの実行に加えて、あなたがもたらすイノベーションが重要な役割を果たします。

あなたが提供するイノベーションや信頼関係の構築については、あなたの創造性やカリスマ性にかかっているので、私たちは語ることはできません。しかし、デジタル戦略やキャンペーンの実行については、いくつかの知見を提供することができます。

デジタル戦略でクライアントを満足させるには?

端的に言えば、その答えはデータに基づいた意思決定です。もう少し詳しく説明すると、良い決断をするだけでなく、それをクライアントにアピールし、信頼を築かなければなりません。ここで、マーケティング分析の実践が重要になります。

信頼を築くために、そしてあなたの分析がいかに非の打ち所のないものであるかをアピールするために、6つのベストプラクティスを紹介します。クライアントの期待を上回る成果に繋がり、信頼関係を構築できるでしょう。

1. 構造

何よりもまず、分析のプロセスの基本構造を整理しましょう。そのために、次に挙げる質問の答えを考えてみて下さい。

予測、進行中の状況、結果のどれを見せたいですか?(すべてでも構いません)
あなたとクライアントとの信頼関係はどの段階にいますか?お客様はまだ見込み客ですか?長く付き合っていますか?解約の可能性もありますか?
クライアントとの会話で最も多く挙がる話題は何ですか?最も理解度が低いのはマーケティンのどの側面ですか?彼らが最も興味を示しているのは何ですか?
これらの答えを書き上げ、その中身を精査してください。それによって、あなたが直面しているクライアントのタイプ、彼らの問題や関心事、そして次のステップへのアプローチの仕方の概要がわかるはずです。

2. 目標設定

お客様が新規、既存、見込み、どんな属性であってもあなたの提案によってどのような目標が達成されるのかを説明する必要があります。

2020年末の時点で、マーケティング効果を評価するKPIのトップは「売上または収益」(36%)でした。代理店としては、これらに直接影響を与えることはできませんが(実際には営業部門があります)、リストの次の項目であるリード(22%の回答者が主要なKPIとして認識しています)をコントロールすることはできます。

あなたのマーケティング戦略やキャンペーン活動が、クライアントのためにどのようにしてより多くのリードを生み出すことができるかを考えてみましょう。もちろん、あなたがEコマースプラットフォームのキャンペーンを行っているなら、最終的な目標は売上でも構いません。しかし、それ以外の人たちにとってはリードが目標となります。

最も切望される目標の第3位は、エンゲージメント(14%)です。ソーシャルメディアでも広告でも、クライアントはユーザーが自分たちの商品に興味を持っているかを知りたがっています

3.カテゴリー別の関連指標

売上、リード、エンゲージメントは、有益なマーケティングチャネルを構築する上で重要です。各チャネルにはそれぞれ特有のものがありますが、レポートに関しては以下の5つを抑える必要があります。

1.有料広告

見るべき指標はシンプルです。投入された資金に対して、どれだけの収益/売上/リードが得られたかです。

2.ソーシャルメディア 

ソーシャルメディアでの直接販売が話題になっていますが、ソーシャルメディアを通じたエンゲージメントとリード獲得も同様に重要です。

3.検索 

SEOにおいては、どれだけのトラフィックをもたらすことができたかを目標指標に加えましょう。

4.メール

メールのエンゲージメント(開封率、クリック、シェアなど)が重要な指標です。

5.コールトラッキング

通話のエンゲージメント(応答した通話、通話時間など)が、目標設定には不可欠です。
これらの指標カテゴリーを1つのレポートにまとめると、以下のようになります。

4. 視覚的な表現

上記のすべての目標について最高のレポートを作成したとしても、誰も読んでくれなければ意味がありません。

だからこそ、調査結果を視覚的にわかりやすく表現することは、あらゆるマーケティング分析において重要なステップなのです。視覚的な情報は、テキストの6万倍の速さで処理されます。さらに、情報に画像を加えることで、記憶の価値が最大65%向上するとも言われています。これにより、複雑なエクセルシートや長いワード文書よりも、構造化された視覚的な報告書の方が明らかに有利になります。

人間の情報処理能力について知り、それをうまく利用することで複雑化した数字を素早く理解させることが可能です。Whatagraphを利用すれば、すべての目標や指標を1つのレポートにまとめ、視覚的に表現することができます。是非お試し下さい。

5. スケジュール管理

クライアントに対して、報告書作成のスケジュールを決めましょう。実行内容のパフォーマンスをチェックする習慣をつけ、タイムリーな配信を評価してもらえるようにします。そして何よりも、あなたがリアルタイムで行動していることを知って、クライアントは安心するでしょう。

6. オートメーション

Whatagraphには、設定した時間に自動的にキャンペーンレポートを配信してくれる機能があります。決められたレポート配信作業を自動化することで時間を節約し、また漏れなく配信が行われるためクライアントの安心感も高まります。

最後に

この6つの実践手順は、有益な分析プロセスを設定するのに役立ちますが、中には工数の問題でそう簡単には取り入れられないものもあるでしょう。しかし、高性能の自動化とハイテクなレポート作成技術を駆使すれば、決して不可能ではありません。(もちろん、代理店のニーズに合わせて調整する必要はあります)Whatagraphは、この6つを実現する為の最適なツールです。従来のレポート作成で抱えていた悩みを5分で解消することができます。マーケティング戦略で圧倒的な成果を出す最高の人材になるために、是非Whatagraphをお試しください。

Powtoon_banner

 

Sisense_banner

 

monday_300x250-300x250

 

BUY On HUBSPOT